任意整理ってどんなことをするの?

Q.任意整理をしようと思いますが、どんなことをすればいいのか教えて下さい。

A.任意整理をする場合は、主に次のようなことが必要です。

①返済額の確認

 消費者金融やヤミ金などから高利で借り入れをして何年も返済していたようなケースでは、返済する借金の元本がだいぶ少なくなっている場合があります。

 そこで、利息制限法の法定利息に従って元本と利息の計算を行い、自分がいくら返済すればいいのかを確認しすることが必要です。
 もしも利息の過払い状態が生じていれ、逆に債権者側に過払金の返還を請求することもできますので、金額をよく確認してみましょう。

②返済原資と返済計画の確認

債権者と返済の交渉をするには、返済原資を用意する必要があります。

もしも財産の処分や親族の援助などによって資金が用意できるなら、それに超したことはありません。

ですが多額の返済資金を用意するのはなかなか難しいことでしょう。その場合は毎月の収入の中から分割返済をするという方法ととることになります。

自分の収入額と生活費、そしていくらを返済に回せるのか、よく検討してみることが大切です。あまり無理な返済計画を建てると、何かあったときに返済が立ちゆかなくなってしまうからです。

任意返済ができなければ自己破産しなくてはならなくなるので、返済方法はよく検討することが大切です。

③債権者との交渉

任意整理の場合は裁判所の助けを受けることができません。そのため自分で全ての債権者と直接交渉をして、返済額や返済回数などの交渉をする必要があります。

個人で多くの債権者と交渉をするとなると、心身共に大変な負担がかかります。

そこで弁護士や司法書士などの専門家に依頼することも可能ですが、依頼する費用のこともよく検討しておくことも必要です。

債権者の傾向として、一括返済の場合は返済額の減額に応じる場合が多く、分割返済の場合はだいぶ可能性が低くなります。

また債権者によっては、なかなか提案に応じてくれない場合もあります。

もちろん「任意」の交渉なので、なかなか合意に応じてくれない債権者との交渉を打ち切って他の債権者への返済を行うということも可能です。

ですがその債権者が裁判を起こして給料の差し押さえなどをしてきた場合、その後の分割返済が立ちゆかなくなってしまいます。

無理のない返済方法の提案をすることと、粘り強い交渉をしていくことが大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です