自己破産で生活制限される?(免許、海外旅行など)

自己破産で生活制限される?(免許、海外旅行など)

生活制限はあります。

とはいえ、ほとんどがある一定の期間のみです。
その期間とは、自己破産は「自己破産手続き開始決定」と「免責許可の決定」という2つの決定があります。その2つの決定の間に制限されるものが何点かあります。ようは自己破産の申請をしてから終了するまでにできないことです。

1、住所変更や旅行
これは手続きが遅延してしまったり、債務者が逃亡してしまうことを防ぐためにあります。自己破産が終了するまで裁判所の許可なしで引越しをしたり長期の旅行に行けなくなります。

2、就業できない仕事
弁護士、公認会計士、司法書士、税理士、行政書士などのいわゆるサムライ業、会社の取締役、警備員、生命保険の外交員などにつけなくなります。ただし免責がおりればその制限もなくなります。実際、自己破産した後に公務員になる方もいます。

3、郵便物の管理
破産者宛てに届いた郵便物を管財人が閲覧することができます。

概ね生活制限されるのは以上のことぐらいです。
それ以外は何か制限されるということはありませんが、役所が管理する「破産者名簿」と「官報」(国発行する新聞のようなもの)に掲載されます。とはいえ一般の方はほとんど見ることのない情報誌ですので、それによりなにか制限が発生するということも少ないと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です