お金の有り難み

4 8月

両親の離婚調停・別居が引き金となって、私の実家、父に巻き込まれてしまった夫、お金にまつわる苦労を散々したこの数年でした。私も父も自己破産しているので、カードローンは組むことができないし、現金を貯めて購入することが当たり前になり、昔のように欲しいものはすぐローンで購入してしまう…という生活はできなくなりました。今の父は年金暮らしで月15万円の年金とアルバイトの収入で慎ましく暮らしていて、私達夫婦も立て替えてもらった借金を返済しながら、主人の実家で、やはり慎ましく暮らしています。

DSCF0337

母との縁は切ってしまいましたが、母の箪笥預金を頭金にして、3500万円の新築マンションに暮らしている姉と母は、個人再生はしたものの、一番「お金持ち」に見えます。
私は、100円のお金にさえ困るような生活苦は二度と味わいたくないですが、債務整理するような状況になって、良かったと今は思います。当然、債権者さんから借りて、返済せずに自己破産をしてしまったことは反省していますし、大迷惑をかけてしまったと思っています。
だけど、そんな状況にならなければ、父が必死に稼いで、息子のためにと送ってくれる月1万円の有り難みはわからなかったでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です