法テラスへの持ち込み案件

4 8月

皆さん、弁護士というと費用が高い、敷居が高いなどの理由から、どうしても相談に行くのを延ばし延ばしにしてしまうものだと思います。
実際に私がそうでしたが、法テラスの存在自体を知りませんでした。
収入要件を満たしている場合には、法テラスの無料相談(1案件につき3回まで)を受けてみるのがお勧めです。
dennwa
簡単なケース(ただの自己破産など)ならば、どの弁護士でも変わりません。
ですが、複雑な案件の場合には、法テラスの弁護士は「使えない」というのが利用してみた感想です。難しそうな案件の場合、法テラスには「持ち込み案件」という制度があります。
法テラスの弁護士では相談していても難しいけれど、その分野に専門で強い弁護士に担当してもらいたいという時に使える制度です。
今は弁護士事務所もネットで情報が得られますから、その分野に詳しい弁護士さんを探して「法テラスの持ち込み案件は受けてもらえますか?」と聞いてみてください。
そのシステムを知らない弁護士さんも多いので、「法テラスで金銭的な扶助を受けて、先生にお願いすることは可能ですか?」と言うと、弁護士さんによっては引き受けてくれます。
私はインターネットでの脅迫メール、風評被害の際に、今はまだ少ないネットトラブルに強い弁護士さんに持ち込み案件として担当してもらいました。
複雑で専門的なケースなのに、その先生自体に頼む資力がないという場合に、法テラスに立て替えてもらえるので、便利な制度です。
競売と任意売却など、迅速さと専門性が必要なケースなら尚更、自分で弁護士さん、司法書士さんを探してきて、無料相談を飛ばして専門家にお願いする方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です