壊れていった友人関係

4 8月

nvfuidsebg
本当にお金に困っている時に、したくなかったけれども、友人知人に借金を申し出ました。

「金の切れ目は縁の切れ目」と言いますが、まさにその通り。まずは世田谷のマンションで生活していた頃にいた、同じように割と裕福な家の子達は、生活レベルの違いから、離れていきました。
社会人になってから知り合った人脈も、借金をお願いしたとたん、年賀状が来なくなったり、メールの返信が来なくなったりしました。借金は友人関係まで壊すものなのか・・・とがっくりきましたが、当たり前のことだろうと思います。
私でも自分の生活を成り立たせるだけで精一杯という今のご時世で、お金に困って借金を頼んでくるやっかいな友人・知人などと関わる気にはなれませんから。
それでも、一緒に悩み、解決策を考えてくれた数少ない友人は残りました。お金の事で切れてしまう人間関係は浅い関係でしかなかったのだと前向きに捉えるようにしていますが、
お金というのは、人間関係・健康・心・生活・・・と色々なものを奪っていくものでもあるのだと学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です