私自身の自己破産

4 8月

父が静岡から去って1年間で、主人のローンは100万円になっていて、生活費や家賃に消えていきました。よく「家賃が高すぎるんだったら、引っ越せばいい」という人がいますが、私達夫婦には引っ越す資金すらなく、最初の1社の消費者金融だけではなく、他の消費者金融に手を出そうかと、審査を受けては悩み、金銭的に追い詰められていました。
私は今度こそ、生活の立て直しのために、自分自身の自己破産を考えました。
私達にはリスケ費用を含めた生活のために必要な「現金」がなく、主人のローンのことも含めて、無料の法律相談へ行きました。私はCMで有名な弁護士事務所以外の破産専門弁護士をリサーチしましたが、法テラスより安い値段で引き受けてくれる事務所はないので、法テラスの無料相談へ行きました。
弁護士はすぐに「あなたの場合は体調を壊していて、返済できる目途が立たないから、自己破産しましょう」と言われ、今度こそはと必要書類をきちんと提出し、自己破産申告をしました。
私は当時、うつを患っていましたが、督促状も督促電話もかかってこない日々が続いたことで、うつは治ってしまいました。私のように金銭的事情で悩んで、うつ状態というケースは多いのではないかと思います。申し立ててから半年経った頃、私は自己破産は成立しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です