姓を変えたら、カードが作れた

4 8月

私は自分に400万円近いローンがあることを主人に隠していました。何度も言い出そうと思いましたが、知られる前に自分で密かに自己破産手続きを進めてしまおうと思っていたからです。
主人と休日に買い物に行きました。結婚指輪を買いたかったので、色々なデパートをリサーチしていました。丸井に行ったときに主人と私が気に入った結婚指輪が10万円代の値段で見つかりました。しかし、主人のカードはその月、使いすぎていたので、リボ払いができませんでした。
主人はとても気に入ったようで「お前もカードの一枚くらい作ったらどう?」と聞いてきました。売り場の人も「審査だけでもしてみましょう!」と手続きを始めてしまいました。
私はその時、個人事業主だったので、審査に通るわけがないと思っていたし、自己破産を視野に入れて、さらにカードで買い物などすれば、自己破産すらできなくなると思い、審査に落ちることを望んでいました。
しかし、審査が通ってしまったのです。私は丸井のエポスカードで、滞納をしていたにも関わらず、です。
まだ籍を入れたばかりだったから、おそらく私の信用情報は旧姓のままだったのだと思います。結局、主人に債務のことを言えなかった私は、リボ払いで結婚指輪を購入しました。しかし、旧姓と今現在の苗字でカードを作ったり、ローンを滞納するようなことがあれば、詐欺です。私は主人に隠しておくのは、時間の問題だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です