逃れられない督促状、怯える日々

4 8月

父はマンションを任意売却して、2人で引っ越した後、2年間の別居生活でできてしまった400万円以上のローンや公共料金などの督促が止みませんでした。私の方は父に本当の残債額を話すように言われ、督促状と督促電話に怯える日々を送っていました。なぜ、早く自己破産をしなかったのか、今になっても分かりません。世田谷のマンション暮らしで、お金には何不自由なく送っていた生活が、いきなり極貧になったのが辛かったのか、見栄やプライドが許さなかったのか、ただ怠惰で面倒くさかったのか・・・。結局、今の主人と結婚して、移転先にも督促状が届いた時に、もう主人に隠し通すのは無理だと諦めがついて、私は自己破産手続きを取ることになりました。督促が来たのは私達の新居だけではなく、私の本籍は主人の実家にあったので、主人の実家にまで督促状が届いて、動かざるを得ませんでした。結婚前に借金があることを言わなかったにも関わらず、主人は「一緒に生活を立て直そう!」と応援してくれたのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です