自己破産手続きの流れ

自己破産の手続きはこんな流れで行います。

書類の山

最終手段である自己破産は以下のような流れで進んでいきます。
最初にまず、地方裁判へ指定の書類を提出します。ここで提出する書類とは破産手続き開始そして免責許可の申し立ての二つの書類です。
その後、地方裁判所へ出頭し裁判官と面接を行い質問を受けます。ここで行う面接は破産するのが適切であるかどうかの判断材料となります。
こうした、過程を経て、破産をさせることが適当であると判断がされた場合において破産開始の決定となります。又、この時、破産管財人の選出とか同時廃止の決定も下されます。
その後、申請者に財産が残っている場合は、破産管財人の判断のもとに債権者へ処分されます。
こうして流れを見てみるととてもややこしい感じがしますが、実際には書類を提出する部分が手続き上必要となるくらいであとはそれほどむずかしくはないそうです。つまり、自分でやってやれなくはないといった類のものなんだそうです。
そして、同時廃止の決定は、そこから約1ヶ月後に免責許可が決定され借金がなくなり破産手続きの終了ととなります。
自己破産という手続きはすべての債務整理のなかでもっとも効果の高いものです。しかし、同時に失うものもありますので繰り返しになりますが他の道で解決するのが基本です。簡単にこの手続きをとるようなものではありません。

債務整理の最終手段は自己破産

これまで、いろいろ手をつくしたけれどもうむりといった場合に行われるのが自己破産手続きです。
これは裁判所へ破産申立書を提出して免責許可を取り付けて、今ある借金そのものを帳消しにする手続きです。実際の処理は行政書士さんや弁護士が間にはいって行うことになります。
この手続きが成立した場合、これまでの借金がなり支払う義務が解消されます。又、そして、給料の差し押さえといった強制強制執行が不可能になります。自己破産をしてしまうと、すべてをなくすようなイメージがありますが、生活するうえで必要となると判断されたものは手元に残ります。
こういったメリットがある反面ブラックリストにのってしまうことはもちろんの事、自分の住所や氏名が国で発行する機関紙に載る、又、一時的に職業に制限を受けてしまうといったデメリットがあります。
ただし、これが可能となるには裁判所で支払い不能と判断されてからです。
この不能という判断は負債の額と収入や資産等の状況を確認し適切と判断された場合に判断がくだされます。
こうしてみるととても大きなメリットがあるように感じますがこの手続きはあくまでも最終手段です。
まずは他の手続きを行いできればこれは避けて通るべきものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>